FC2ブログ

プロフィール

Chopper

Author:Chopper
Profile

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

月別アーカイブ

カテゴリー

アクセス数

無料ホームページ ブログ(blog)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Template by

はちみつらいおん
このブログのテンプレートに使用されているデザイン・イラスト・画像は全て、
さ★ばんなが著作権を所有しています。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
聖歌大国サンドリア
人類が豊かに暮らせるようになる、その一昔前、3つの国があった
一つはバストゥーク共和国、一つはウィンダス連邦 そしてサンドリア王国
今日はサンドリア王国について話をしよう

ちゃーらららーちゃーらーららーちゃーらー(ロンフォールのテーマ)











―――――聖歌大国サンドリア

唄詠いが集う場所

戦時中でも歌が絶えない国

兵士の国だというのに足りないものは兵士だという

いつからか、この国は聖歌隊中心の部隊が組まれていくようになった

アライドタグ周辺に集中する部隊、前線が薄くなるのは明白である

しかし、戦士がいないわけではない

捨て身で前線に赴き、戦い、散っていった戦士は少なくはなかった



――とある国の王子が、噂を聞き護衛を二人連れ戦地に赴いた

王子は言った

「戦わない戦争は戦争とは言わねぇ」

そういうと王子は前線中央に駆け出し

拳を高らかにあげ、兵士達に渇をいれた

その言霊は、真空の鎧、上弦の唸りに見えた


同刻、オークの群れが聖歌大国サンドリアを襲った

それでも尚、歌はサンドリアの空に響き渡る

剣と剣が交える音にも負けない歌声

さすが聖歌隊だ



一方前線では―――



王子とその護衛は戦っていた

いくら百戦錬磨の戦士といえど、前線が紙一枚では耐えられるわけがない

王子と護衛は何度も倒れた

護衛のヒーラーがリレイズで繋いでいるようなものだった

護衛1「この国の前線はどうなっているんだ!」

王子「落ち着け!まだ負けたわけじゃない!」


必死の攻防によりオーク第一陣は退けた


護衛1「2陣がきたら・・・もう・・・いや!まだ手はあります!

王子「・・・・!?」

護衛1「まだ試したことはないんですが・・・」

王子「ごくり・・」

護衛1「戦闘スタイルの変化というものを・・・」

王子「えぇ!?やっちまったなぁ!」

護衛1「いや、聞いてください、私が前線で耐えます!」

護衛1「王子はこの国に必要なんです・・・お願いします・・・」

王子「わかった・・・あとは・・・まかせろ(´;ω;`)」

新たな作戦で希望の光が射したかのように見えた



がおー!



なんと、部隊は、ミッキー将軍にあっけなく全滅させられてしまった!!

なんとか一命を取り留めた護衛の一人は後に侍となりこの国を守ったという







ちゃーらららーちゃーらーららーちゃーらー(ロンフォールのテーマ)















いい・・・話しだった・・・;;;;;;;;


この物語は少しだけフィクションです
スポンサーサイト
FFXIの件についてトラックバック(0) | コメント(4)
<<忘られぬ日々よー♪ | ホーム | Famima Quest>>
+comments+
猪突猛進ガル。。。ヽ(;´д`)ノ
(*'-')かって、ウイン森の区の競売場の上に住んでいた(上から競売場に来る人を観察してたっぽい。。w)
コウイチXXX。。。暗黒ガル。。。
戦場で猪突猛進。。。多数の敵をリンクって暴走。。。。
全滅させられたパーティー数知れず。。。
パーティーをなかなか組んでもらえず、(と言うか、全滅解散。。w)
組んでいても、周りのパーティーから苦情の嵐で、狩り場からも締め出されたという。。。
イシバシも一緒に組んだことがあったが。。。
楽しくやってると、そんなに無茶もしなかった記憶が。。。w
(もちろんイシバシの痛いsayを我慢して聞いていただけカモ。。w)
白サポで、アップルパイ食べて戦士やっていたイシバシも(レイズ出来ます。。。w死んでクレーヽ(`д´)ノ)
充分変人だったが。。。
後から、タルタル(特にウインタル)ご用足しの盾にされて気づいたが、
パーティーに死人出さないというのが、タルパーティーでは難しく。
(死人が出ないのが当たり前だと思ってた)
戦闘中、タゲ切れると印ケアルガで、無意識に後衛のタゲ切っていたのが、
タルさんの命を救っていたらしい。。
(ジュースやヤグドリまで持参してた。。)
コウイチXXX暗黒ガルも、
よく考えれば、後衛からモンスを離すために引き回していたのでは。。
前衛でタゲ回しも出来ない連中(ナイトからタゲばっか取るばか者も。。)のパーティーで、
逃げ回る後衛スカル連携。。。
そういう野良パーティーから、誘いを受けたことが無かったので、
外人パーティーと組むと(;°ロ°)びっくりしていたが、
結構昔も当たり前だったらしい。。。
(特に白で募集出したことが殆ど無かったので、外人からばっかり、しつこくテルが来た)
全滅や、リレイズ忘れ等よくやったが。。∑(゜△゜;)
サンドのスカリエロバーン内藤様には、お世話になった。。。
もちろん、タゲを集めて、くれるガルカが、
やっぱり、一番頼もしく、
猪突猛進しようが、(古代。。に突進していった強者も。。)
レイズするぜ~(死んでくれ~と言うわけではw(´Д`;)
後ろに付いて行ってレイズしてた。。)
と叫んでいた。。。w
スカリーエロバーン様の故郷サンドには、
ウインからサポとる遥か以前に命がけで(まだ、スケール着はじめた頃だから多分LV10か11位。。
いきなり、ウインからきてゲルスパ襲撃をやっていた。。)
やってきて、
サンドの町の音楽が新鮮だったのを覚えています。。
ヽ(´―`)ノ
30越えてすぐに内藤とりに行くと、
現地サンドでいきなり集めたにもかかわらず、
レベル50の人たちが大勢で手伝いに来てくれて、
初めてで、楽々にナイトがとれた
(お手伝いさんはこのときが初めて。。
このときのレベル50は初期のテストユーザーで限界50になったばかりだったのでかなり珍しい存在だった。。LS関係なくナイト募集してたのは珍しかったらしい、野良ナイト募集。。w)
初期内藤だったイシバシだが、その後、金欠病で全然上げれず、
本業の戦士(戦死してばかりだったが。。)が忙しく、
あっという間に、限界に達して、
鋼鉄を着れるようになったので、
ナイト結局ほったらかし。。
一部で内藤イシバシと言われているが、内藤はレベル50にすらなっていない。。
やはり、サンド人には成れない、
ウインの田舎侍なのだろう。。
洗練した戦略なぞ無理。。。w(;゜ロ゜)





【2008/08/22 11:30】URL | isibasi #dC2Ufu7E[ 編集]

足跡ペタペタ三(>ω<)」
【2008/08/28 00:42】URL | ellsa #-[ 編集]

('∇')
>> Isibasiさん

前衛で洋食を食べるなんてそれでも日本人ですか!
日本人ならカレーを食べましょう!

カレーは和食です('∇')和食なんです

>> えるさん

わー、いらっしゃいませ!
足跡ありがとですw
【2008/08/29 09:14】URL | 管理人@ちょぱ #-[ 編集]

(*'-')カレー食べた?
ヽ(;´д`)ノカレーライスは。。。
確かに、和食だけど。。。
カレーはさすがに、和食じゃないかと。。。w
インド航空に乗ると必ず出てくる
チキンカレー。。。
機内がカレーの匂いで充満。。。w
もちろん、生粋のインド人は
ベジタリアンなので、
野菜カレー(日本の野菜カレーライスとは全然別物)もメニューに乗ってる。。w∑(゜△゜;)
ちなみに、カレールウは日本人の
発明(チョコでヒントを得たと言う噂だが。。。)でインドにはカレーの素なって言うのはナイナイ
で、確かにスーパーで売ってるカレー(ルウ)は、和食だわ。。。
カレーパウダーがあるけど、
日本で売っているカレー粉とは、
更に別物です。。。
ちなみに、ヤグをぶち殺した後で、
ヤグドリ作ると、血の滴る効き目抜群のものが。。。ナイナイw
どついたら、ジュース落とすゴブでも居ないかのう~
まあ最近は寿司握ってもらえるので、
前衛の時に寿司食ってますが。。。
泥棒鳥に、開戦直後に寿司奪われまくって、赤貧の前衛ですよ。。。
(´・ω・`)

【2008/08/29 14:31】URL | isibasi #dC2Ufu7E[ 編集]


+please comment+














管理者にだけ表示を許可する



+trackback+
トラックバックURL
http://mongol800.blog28.fc2.com/tb.php/234-e9b31ea0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。